■舵がないのに、どうやって旋回するのか?

 翼走中の旋回は、主としてフラップを使って行ないます。 後部水中翼の両サイドのフラップを上下逆方向に動かすことによって、ジェットフォイルは内側に傾斜して旋回をはじめます。これに伴って前部ストラットが旋回方向に向かって回転するため、水流の抵抗のないスムーズな旋回が可能になるわけです。

 艇走中の本船のコントロールは、デフレクタとリバーサを駆使して行なわれます。デフレクタによって噴流の方向を左右に偏向させ、また、リバーサによって逆噴 射も行ないます。2基あるウォータージェット推進機の噴流を前後左右にいろいろ組み合わせることで、ジェットフォイルをあらゆる方向へ移動することができるわけです。船長は、操縦ハンドルとスロットルの操作だけで噴流を調 整し、離着桟操作などを行ないます。また、バウスラスタが装備されているため、狭い港湾などでの操作も一層容易になっています。


リバーサとデフレクタ


リバーサとデフレクタ




■浮遊物に衝突しても大丈夫か?

 ジェットフォイルは、緊急時には自動車なみの短い制動距離で停船できるうえ、操舵に対する応答性がきわめて速いため、浮遊物を回避することはとても簡単です。
 もし万一、大きな浮遊物に衝突した場合でも、ジェットフォイルの前後の水中翼に装備された衝撃吸収装置(ショックアブソーバ)が、乗客の安全を守ります。つまり、前部のストラット(水中翼の支柱)は、大きな衝撃力が加わると、後方へスウィングするとともに衝撃吸収装置が作動してショックを吸収します。 また、後部のストラットも衝撃力が加わると、ストラットを船体に止めているシア ーピン(別名ヒューズピン)が折れ、ストラット・フォイル全体が後方に振れてショックを吸収します。
 衝撃吸収装置が働くと翼走は続けられなくなりますが、艇走で最寄港まで航海することができます。なお、衝撃が小さい場合は浮遊物はフォイルで飛ばされてしまいますし、木材などは切断されます。


ハワイに就航していたジェットフォイルが切断した、直径30cmの木材。